アミトリプチリンの副作用と効果

「アミトリプチン」(商品名:「トリプタノール」「ミケトリン」「ラントロン」)というのは、抗うつ薬の中でも鎮静効果が優れているものとなっています。
中でも、睡眠障害や焦燥感が強い場合に最も適している薬とされています。

スポンサードリンク

他にも、イミプラミンという抗うつ薬とありますが、服用に関しては抗うつ作用が現れるまでには最低でも2週間は服用しなくてはいけないでしょう。
その間は、早く効果を実感したいからといって勝手に服用する量を増やさないようにしましょう。

これらの服用の注意点などについては、星和書店から出版されている「こころの治療薬 ハンドブック」に記載されています。

「服用の際の留意点について」
抗うつ薬を服用することで、、効果をすぐに実感することはできませんが、諦めずに根気良く服用することが大切です。
また、副作用については残尿感や便秘などとなっていますが、決して軽視してはいけません。
必ず早めに医師に相談してもらい、抗コリン性副作用になることを防ぎましょう。

「処方の際の留意点について」
抗コリン性副作用が発言しやすいのは、アミトリプチリンとなっています。
この薬は、ムスカリン受容体社団作用が抗うつ薬の中でも強いとされているからです。

自律神経期間が低下することによってうつ病は起こりやすくなっています。
麻酔性イレウスや尿閉といった事にならないように、アミトリプチリンを服用するのです。
しかし、副作用に関しては注意しなくてはいけません。

緑内障には眼圧を上昇させてしまうため、禁忌であるとされています。
また、脳器質性精神障害の準備性が高い高齢者の場合は、中枢性の抗コリン性副作用(幻覚やせん妄)などにも注意が必要です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

うつ病相の症状
病相というのは、一体どのような事を言うのでしょうか? それは、一定の期間ある症状......
うつ病の社会復帰の中間施設
精神障害を発病して、精神病院への入院後、社会復帰はできるのでしょうか? 勿論、症......
抑うつ神経症 抗うつ薬 精神療法
内因性の精神障害の代表的なものに、躁うつ病というものがあります。 しかし、症状が......
精神病の治療方法 精神療法
精神病の治療には、抗不安薬や抗うつ薬などを使用した薬物療法以外に、どのような治療......
器質性精神障害の治療方法
精神医学の世界では、躁うつ病や統合失調症というのは、原因がはっきりしていない為内......
心因性精神障害 不安神経症
心の病気について、精神医学では躁うつ病や統合失調症といった内因性のもの以外にも、......
神経症の種類 ヒステリー ノイローゼ 神経症
心の病には、色々なものがあります。 その代表的なものとして、ノイローゼや神経症が......
生体リズムが関係 季節性感情障害
季節によって症状が重くなってしまったり、現れてしまうといううつ病があります。 最......
抗うつ薬イミプラミンの副作用
抗うつ薬という薬を使用した薬物療法というのが、うつ病に最も多く使用される治療方法......

▲このページのトップへ